衆院代表質問

首相「改憲、幅広く合意を」 自衛隊任務変更せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党代表質問が24日、衆院本会議で始まった。首相は憲法改正について「与野党に関わらず幅広い合意が形成され、国民的な理解も深まっていくことを期待している」と述べ、衆参両院の憲法審査会での議論の前進に改めて期待感を示した。

玉木氏、反対明言

 首相は、自身が憲法9条に自衛隊を明記する案を提起したことについて「自衛隊員に『憲法違反かもしれないが何かあったら命を張ってくれ』というのは無責任だ。そうした議論が行われる余地をなくしていくことが私たち世代の責任ではないか」と述べ、改憲の意義を強調した。また、自衛隊を明記した場合にも「任務や権限に変更が生じることはない」との考えを示した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は、憲法は国の理想の姿を示すとした首相の憲法観を「特異な認識でまっとうな議論はできない」と批判。希望の党の玉木雄一郎代表は憲法9条に自衛隊を明記する首相案に対し「自衛隊の役割が変わらないなら立法事実がない。立法事実がない9条改憲案には反対だ」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文841文字)

あわせて読みたい

ニュース特集