メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

夢と希望与えたい 日本代表結団式

平昌冬季五輪の日本選手団壮行会で、観客席に投げ入れるサインボールを手に、笑顔で手を振る旗手代行の高梨沙羅(手前左)や小平奈緒主将(同中央)ら=東京都の大田区総合体育館で2018年1月24日午後4時7分、手塚耕一郎撮影

 2月9日に韓国で開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪の日本選手団の結団式と壮行会が24日、東京都の大田区総合体育館で行われた。選手団主将でスピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=が「我々冬季競技の活躍が2020年の東京オリンピックでの飛躍につながるよう、そして日本中、さらには世界へ勇気と…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです