特集

公文書クライシス

「国民の共有財産」と法でうたわれる公文書。国や自治体での実情を改めて掘り下げるシリーズを掲載します。

特集一覧

公文書クライシス

衆院代表質問 公用メール巡り応酬 玉木代表「全て保存すべきだ」/安倍首相「総合的に判断する」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院本会議で24日に行われた各党代表質問で、省庁で使用が急増しているにもかかわらず、大半が公文書(行政文書)として扱われていない公用電子メールの問題が取り上げられた。希望の党の玉木雄一郎代表は「全て保存すべきだ」と主張した。

 玉木氏は、学校法人「森友学園」に国有地が格安で売却された問題に言及。財務省が学園側との交渉記録を自由に廃棄できる保存期間1年未満の公文書としていたとして「時の権力によって都合の悪い文書が秘密裏に廃棄されていた。保存期間が1年未満のものも含めて電…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集