メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米政権

拠出金凍結 「過去最大の危機」 国連パレスチナ難民救済事業機関事務局長 ピエール・クレヘンビュール氏

インタビューに応じる国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のピエール・クレヘンビュール事務局長=東京都内で2018年1月24日午後1時11分、岩佐淳士撮影

 来日中のピエール・クレヘンビュール国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)事務局長が24日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。トランプ米政権がUNRWAへの拠出金を半分以上凍結したことについて、エルサレムをイスラエルの首都と認定した米国の決定撤回を求めた国連総会決議への反発との見方を示したうえで、「人道支援のための拠出金を政治的圧力に利用すべきではない」と非難した。

 UNRWAはパレスチナ難民向けに教育や保健、食糧などを支援する機関。トランプ政権は16日、拠出金1…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです