沖縄・渡名喜の米軍ヘリ不時着

同型機飛行再開 不時着翌日 沖縄知事抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄県の渡名喜(となき)島(渡名喜村)の村営ヘリポートに23日午後8時ごろ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリコプターが不時着した。同県内での不時着は今月3件目となる。日本政府は米政府に再発防止を重ねて求めているが、改善が見られず、危機感を募らせている。

 安倍晋三首相は24日の衆院本会議で事故が相次いでいることについて「沖縄県民の気持ちは十分に理解し、真摯(しんし)に受け止める」と強調した。

 同型ヘリが8日にも不時着していたことから、小野寺五典防衛相は同型機の緊急点検と点検終了までの飛行停止を米側に要請。在日米軍の全航空機の整備・点検の徹底も申し入れた。小野寺氏は記者団に「予防着陸と米側は言っているが、繰り返されており、あまりに多い」と米側を批判した。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文950文字)

あわせて読みたい

注目の特集