メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費の一部開示を認めた最高裁判決後、記者の質問に答える原告側の阪口徳雄弁護団長=東京都千代田区で19日、小出洋平撮影

Q 官房機密費が一部公開になると聞いたけど。

A 内閣官房報償費というのが正式な名前で、政策への非公式な協力の対価、情報収集の謝礼、慶弔費などです。長官が責任者となって機動的に使える機密費は、予算ベースで年間約12億3000万円。支出の文書はほとんど公開されていませんが、最高裁は今月19日に一部の文書の公開を命じました。ただ、公開は支出先や具体的に何に使うかが分からない範囲に限られました。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです