メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費の一部開示を認めた最高裁判決後、記者の質問に答える原告側の阪口徳雄弁護団長=東京都千代田区で19日、小出洋平撮影

Q 官房機密費が一部公開になると聞いたけど。

A 内閣官房報償費というのが正式な名前で、政策への非公式な協力の対価、情報収集の謝礼、慶弔費などです。長官が責任者となって機動的に使える機密費は、予算ベースで年間約12億3000万円。支出の文書はほとんど公開されていませんが、最高裁は今月19日に一部の文書の公開を命じました。ただ、公開は支出先や具体的に何に使うかが分からない範囲に限られました。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです