メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費の一部開示を認めた最高裁判決後、記者の質問に答える原告側の阪口徳雄弁護団長=東京都千代田区で19日、小出洋平撮影

Q 官房機密費が一部公開になると聞いたけど。

A 内閣官房報償費というのが正式な名前で、政策への非公式な協力の対価、情報収集の謝礼、慶弔費などです。長官が責任者となって機動的に使える機密費は、予算ベースで年間約12億3000万円。支出の文書はほとんど公開されていませんが、最高裁は今月19日に一部の文書の公開を命じました。ただ、公開は支出先や具体的に何に使うかが分からない範囲に限られました。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです