メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委

質問時間で再び攻防 野党「首相、責任逃れ」

特別国会に続き、与野党が衆院予算委の質問時間配分をめぐり対立している

 衆院予算委員会の質問時間配分を巡る与野党の駆け引きが今国会でも始まった。昨年の特別国会では「前例にしない」ことを条件に野党が時間削減をのんだが、与党はそうした経緯におかまいなく、引き続き見直しを要求。「国会改革」は質よりも量の議論が先行している。【村尾哲、真野敏幸】

 衆院予算委の与党筆頭理事、菅原一秀氏(自民党)は24日、野党筆頭理事の逢坂誠二氏(立憲民主党)に「与党4、野党6」の配分を提案。「古い慣例でなく、国会改革を踏まえた新しい配分にすべきだ」と主張した。

 質問時間は慣例で「与党2、野党8」と野党に手厚く配分されてきた。しかし、昨年10月の衆院選で自民党…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです