メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダボス会議

トランプ氏、きょう現地入り 米国第一主義訴え

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は25日、スイス東部ダボスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席のため同国を訪問する。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)など国際的枠組みに背を向け、保護主義的な傾向を強める米国への警戒感が高まるなか、トランプ氏が「米国第一主義」をどう説明するか注目される。

 現職米大統領のダボス会議出席は2000年のビル・クリントン氏以来、18年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです