メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

投資用DVD勧誘 「稼げる話」が借金に

 いつの時代も甘(あま)い投資話には注意が必要だ。過去に、大学生らが高額な投資用DVDを購(こう)入(にゅう)したケースがあった。友人や先(せん)輩(ぱい)から「いい話がある」「もうかる」などと勧(かん)誘(ゆう)されても、内容が分からなければ契(けい)約(やく)しない方がよい。

 ある男子大学生は、20歳(さい)の誕生日に高校時代の友人から電話で呼び出された。食事をしながら友人に「ぜひ会ってほしい人がいる。いい話がある」と誘(さそ)われ、別の喫(きっ)茶(さ)店(てん)で業者の担当者と会うことにした。その場で投資用DVDを使ったシミュレーションを説明された。担当者と友人から「1、2カ月で20万円は稼(かせ)げる。こんないい話はない。ここで決めなければ、もう二度とこんな話はし…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです