メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿リスク社会

介護報酬改定の課題/上 認知症独居者 削減の標的

 <くらしナビ ライフスタイル>

 介護保険制度で事業者に支払う「介護報酬」のあり方を審議する厚生労働省の社会保障審議会介護給付費分科会が先月、骨格となる審議報告をまとめた。厚労省は近く点数や具体策を出す。財源難を背景に、調理や掃除など「生活援助サービス」を「多数」利用するケースを精査し、是正する。だが、生活援助を多く使うのは主に独居の認知症の人で「減らされれば生活できない」と不安の声が出ている。デイサービスでも認知症を考慮しない評価・加算が設けられ、認知症は不利との懸念もある。介護報酬の課題を探る。

この記事は有料記事です。

残り2346文字(全文2598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです