特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-久保利明王将 第40局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

踏み込みを欠く

 5七の銀を離れ駒にしてまで指した[先]7八金寄の狙いは[先]6八飛。問題はそのタイミングだ。図の局面で[先]6八飛も考えたが、[後]4九角[先]6四歩[後]同歩[先]同飛に「[後]6三歩でも[後]5八角成でも自信がなかった」と広瀬。そこで本譜は[先]5五歩と伸ばし、[先]6四歩の突き捨てから[先]3四角と据えて[先]6八飛と転回した。[後]7四角から[後]4七角成で途中図。

 [先]6七飛と引いた手を広瀬が悔やんだ。[先]5二角成[後]同飛[先]6一金の強襲が成立したという。ついで(1)[後]6二歩なら[先]7一金[後]同銀[先]6八銀[後]2九馬[先]4四飛[後]1九馬[先]4一飛成[後]5一金[先]5二竜[後]同金[先]1一飛。また(2)[後]7四馬には[先]同飛[後]同歩[先]7一金[後]同銀[先]6四歩[後]6二歩[先]4一角が厳しい。先手の穴熊のほうが強固な…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文787文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集