民事再生法

江戸期創業の中松屋旅館、申請 長野・上田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 帝国データバンク長野支店は24日、長野県上田市別所温泉の「中松屋旅館」(倉沢俊樹代表取締役)が長野地裁上田支部へ民事再生法の適用を申請したと発表した。負債額は約6億円。旅館の営業は続けている。

 長野支店によると、中松屋旅館は江戸時代の享保期に創業。1953年12月に会社を設立し、別所温泉で旅館経営…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

あわせて読みたい

ニュース特集