メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寒気

喜茂別で氷点下31.3度、今季全国最低 北海道

強風で舞う雪に思わず顔を隠して歩く人たち=札幌市中央区で2018年1月25日午前10時4分、梅村直承撮影

 上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、北海道は25日、喜茂別町で氷点下31.3度と今季全国最低気温を記録した。

 札幌管区気象台によるとその他の各地の最低気温は、占冠村同27.3度▽幕別町糠内同25.5度▽千歳市同22.3度--など。

 札幌市でも午前7時前に同12.7度まで下がり、午前9時前には最大瞬間風速20メートルも記録した。積雪は午前6時からの1時間で4センチ増え、市街地もパウダースノーに覆われた。

 ただ午前11時現在の積雪は51センチで、平年より約10センチ少ない。

 JR札幌駅近くの小学校では校庭でのスキー授業のためスキー板を担いで登校する子供たちの姿が見られた。

 JR北海道によると、札幌市近郊で2列車のブレーキ部分が凍結し、快速や普通列車9本が運休した。

 気象台によると、北海道上空の約5000メートルに氷点下40度以下の強い寒気が入っており、冷え込みのピークは28~29日になるという。【三沢邦彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです