メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ

4K、特需の落とし穴 受信に専用チューナー必要

テレビ売り場に並べられた4Kテレビ=東京都渋谷区で2018年1月19日午後2時16分、宮武祐希撮影

 きめ細かな映像を楽しめる「4Kテレビ」が売れている。4Kの実用放送開始は12月以降だが、現行の地上波と衛星放送も高画質で見られるため、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、家電業界は需要の伸びを期待する。ただ、4K放送の受信には専用チューナーが必要になるなど、混乱を招きかねない懸念があるという。【小林祥晃】

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1440文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです