メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の党

玉木代表「排除」発言に議場騒然

衆院本会議で代表質問をする希望の党の玉木雄一郎代表=国会内で2018年1月24日午後2時59分、川田雅浩撮影

 希望の党の玉木雄一郎代表の24日の衆院代表質問中に議場が騒然とする場面があった。玉木氏が「この道しかないと言い、異なる考えを排除しながら、達成できないと、今度は道半ばと唱えて効果のない政策を漫然と継続していく」と安倍政権を批判。その中で使った「排除」という言葉に与野党の議員が敏感に反応したようだ。

 希望の党は、民進党との合流を巡り、当時…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ・山本代表「次期衆院選では100人規模で擁立」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  4. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです