ダボス会議

トランプ氏25日現地入り 米国第一主義注目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は25日、スイス東部ダボスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席のため同国を訪問する。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)など国際的枠組みに背を向け、保護主義的な傾向を強める米国への警戒感が高まるなか、トランプ氏が「米国第一主義」をどう説明するか注目される。

 現職米大統領のダボス会議出席は2000年のビル・クリントン氏以来、18年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文871文字)

あわせて読みたい

注目の特集