メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集団食中毒

無関係の調理委託業者が和解 和歌山県と

 和歌山県御坊市で昨年1月に起きた学校給食の集団食中毒で、原因とは無関係だったのに営業停止処分を受けたとして、調理委託業者「シダックス大新東ヒューマンサービス」(東京)が県に処分取り消しを求めた訴訟は、裁判外で和解が成立した。県と、同社の親会社シダックスが24日、それぞれ発表した。シダックス大新東ヒューマンサービスが県に損害賠償や補償を求めない代わりに、県が処分を取り消し、大阪高裁への控訴も取り下げた。和解は今月16日付。【阿部弘賢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
    3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
    5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]