メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十和田火山

ハザードマップ、火砕流30キロ先到達

十和田火山災害想定影響範囲 大規模噴火の場合

 青森、秋田両県などでつくる「十和田火山防災協議会」は24日、両県境にある十和田火山で噴火が起きた場合に、災害が発生する可能性が高い範囲を示した想定図(ハザードマップ)を初めて公表した。大規模噴火では、噴石や降灰だけでなく、火砕流が噴火口から最長で30キロ先まで到達するなど、北東北3県で数十万人の避難者が発生する恐れがあるという。同協議会は今後、「噴火警戒レベル」導入や避難計画策定に取り組む。

 協議会は、十和田湖に半径3.4キロの噴火口を設定。大、中、小の三つの規模の噴火を想定し、過去1万1000年間の噴火を参考に、影響範囲を規模別に推定した。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです