メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十和田火山

ハザードマップ、火砕流30キロ先到達

十和田火山災害想定影響範囲 大規模噴火の場合

 青森、秋田両県などでつくる「十和田火山防災協議会」は24日、両県境にある十和田火山で噴火が起きた場合に、災害が発生する可能性が高い範囲を示した想定図(ハザードマップ)を初めて公表した。大規模噴火では、噴石や降灰だけでなく、火砕流が噴火口から最長で30キロ先まで到達するなど、北東北3県で数十万人の避難者が発生する恐れがあるという。同協議会は今後、「噴火警戒レベル」導入や避難計画策定に取り組む。

 協議会は、十和田湖に半径3.4キロの噴火口を設定。大、中、小の三つの規模の噴火を想定し、過去1万1…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文648文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仮面ライダーゼロワン 山寺宏一がナレーション 日高のり子がAIの音声担当
  2. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです