十和田火山

ハザードマップ、火砕流30キロ先到達

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
十和田火山災害想定影響範囲 大規模噴火の場合
十和田火山災害想定影響範囲 大規模噴火の場合

 青森、秋田両県などでつくる「十和田火山防災協議会」は24日、両県境にある十和田火山で噴火が起きた場合に、災害が発生する可能性が高い範囲を示した想定図(ハザードマップ)を初めて公表した。大規模噴火では、噴石や降灰だけでなく、火砕流が噴火口から最長で30キロ先まで到達するなど、北東北3県で数十万人の避難者が発生する恐れがあるという。同協議会は今後、「噴火警戒レベル」導入や避難計画策定に取り組む。

 協議会は、十和田湖に半径3.4キロの噴火口を設定。大、中、小の三つの規模の噴火を想定し、過去1万1000年間の噴火を参考に、影響範囲を規模別に推定した。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文648文字)

あわせて読みたい

注目の特集