メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

全日本空輸パイロット教官の塙田和夫さん「結果を出せるノートを作ろう」

ANAでパイロットの教官を務める塙田和夫さん=東京都大田区で米田堅持撮影

 全日本空輸(ANA)で教官として、パイロットの育成を担当している塙田和夫さん(47)。大学受験だけでなく、数百人の命を預かる旅客機の機長となるために、社会人となってからも受験勉強を続けている塙田さんは「ノートを作る目的は結果に結びつけること。きれいに作っただけで満足して終わらないように」とアドバイスを送ります。【聞き手・米田堅持】

 高校入学時の成績は普通でしたが、クラブ活動の野球に打ち込み、空いた時間は趣味のパソコンに熱中していたので成績は急降下してしまいました。精いっぱい打ち込んだ野球では、思ったような結果を残せませんでした。体力には自信があったので、気持ちを切り替えて、部活を引退した3年生の夏を過ぎてから1日10時間以上の猛勉強を始めました。

 数学、物理、化学といった理系科目は得意でしたが、文系の国語と英語は苦手でした。予備校には行かず、受験に適していると言われる参考書を一通り買い、問題集をひたすら解きました。覚えるために、声を出しながら紙に書き出し、半透明シートや赤いチェックペンも活用しました。もちろん、すぐに結果は出ませんでしたが、受験前の1月の校内試験では成績優秀者に名前が載るようになりました。

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです