メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

「セクハラ俳優」お断り! 米映画賞戦線、異状あり 審査、疑惑を重視

タイムズ・アップのピンバッジ=ロイター

 昨秋以降、米ハリウッドを発端に広がった反セクハラのうねりが、数々の映画賞レースをも揺るがしている。セクハラ疑惑が浮上した俳優はアカデミー賞(3月発表)の候補から落選。女優たちが「タイムズ・アップ(もう、おしまい)」を合言葉にセクハラ救済基金への協力を呼び掛ける中、ブーイングの起きない「正しい選考」を考える審査員も出ているという。映画賞戦線に異状あり?【ロサンゼルスで長野宏美】

 「ジェームズ・フランコ、アカデミー賞から無視される」。23日に同賞のノミネートが発表されると、米メ…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1265文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです