新宿駅

案内板に「おもてなし」 すっきり絵文字、英語表記統一

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
統一される新宿駅構内の路線名表記
統一される新宿駅構内の路線名表記

 国内で1日の乗降客数が最も多い新宿駅(東京都新宿、渋谷区)の利便性向上のため、東京都や鉄道会社などが構内にある案内板の表記の統一を進めている。設置者によって表示が異なっているため、利用客から「分かりにくい」との指摘があった。2020年東京五輪・パラリンピックに向け増加が見込まれる外国人観光客も念頭に、構内の随所に「おもてなし」の心遣いを見せる。【柳澤一男】

 同駅にはJRや東京メトロ、都営地下鉄など6鉄道事業者の12路線が乗り入れる。案内板は各事業者が設置しているが、文字の大きさや色、電車やバスを示す絵文字(ピクトグラム)の有無などの表示方法が異なっていた。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文865文字)

あわせて読みたい

注目の特集