メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

鹿島埠頭の見学船「ユーリカ号」 見上げる巨大船、迫力満点 /茨城

岸壁に停泊していた約25万トンの巨大船=鹿島港中央航路で

 鹿行地区を担当する鹿島通信部に赴任して14年。鹿島港をぐるっと見学できる船の存在は知っていたが、乗った経験はなかった。1月6日午後、雲一つない晴天の中、新年最初の便に乗り、港内1周45分間の短い船旅を楽しんだ。

 乗り場は、神栖市東深芝の港公園に隣接する中央船だまりにあった。

 鹿島埠頭(ふとう)の見学船「ユーリカ号」が就航したのは1992年。77年就航の初代見学船「はまゆう」から数えて4代目で、船名は同市と姉妹都市を結ぶユーリカ市(米国カリフォルニア州)に由来する。

 船の大きさは全長13・5メートルで重量16トン。屋根付き2階建てで、乗船人数が最高46人の小型遊覧…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです