メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
さいたま市

「子育て支援型」認定 一定要件を満たす私立幼稚園対象に 18年度、新制度 /埼玉

19年度以降、補助金支給も検討

 増え続ける保育需要の受け皿を確保するため、さいたま市は2018年度から、夏休みなどの長期休暇中も預かり保育を実施するなど一定の要件を満たした私立幼稚園を「子育て支援型幼稚園」として認定する独自の制度を始める。共働きでも、子どもに幼稚園で教育を受けさせたい保護者のニーズに応えることなどが目的だ。19年度以降は利用者負担の軽減に向け、認定園か保護者への補助金支給も検討する。【山寺香】

 市幼児政策課によると、市内の幼稚園104園(認定こども園含む)のうち102園で預かり保育を実施して…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文845文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです