メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/34 林幸治郎の世界/下 源流たどりつつ深化 /東京

 チンドン太鼓と楽器の和洋合奏、歌と踊り、芝居、話芸がてんこ盛り。見せる、聴かせる、楽しませる、笑わせる……。演芸の玉手箱のような公演が昨年12月29日、大阪市西成区の大衆演劇場「オーエス劇場」で行われた。大阪の「ちんどん通信社」が01年から毎年続けている「年末お楽しみ公演」だ。

 ちんどん通信社代表、林幸治郎(61)が80年代初頭の老舗チンドン屋「青空宣伝社」で体験した、西成区かいわいでの「漫画みたいにおもろい世界」がモチーフになっている。

 「大衆演劇、漫才、キャバレーのバンドマン、ストリップの女形など、異なる業界にいた人たちがチンドン屋…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです