メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/34 林幸治郎の世界/下 源流たどりつつ深化 /東京

 チンドン太鼓と楽器の和洋合奏、歌と踊り、芝居、話芸がてんこ盛り。見せる、聴かせる、楽しませる、笑わせる……。演芸の玉手箱のような公演が昨年12月29日、大阪市西成区の大衆演劇場「オーエス劇場」で行われた。大阪の「ちんどん通信社」が01年から毎年続けている「年末お楽しみ公演」だ。

 ちんどん通信社代表、林幸治郎(61)が80年代初頭の老舗チンドン屋「青空宣伝社」で体験した、西成区かいわいでの「漫画みたいにおもろい世界」がモチーフになっている。

 「大衆演劇、漫才、キャバレーのバンドマン、ストリップの女形など、異なる業界にいた人たちがチンドン屋…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです