メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎌倉・飼い主死亡の20匹 県と市「猫たちに暖かい家を」 28日、初の「里親探す会」 /神奈川

部屋の中では推定6~13歳の猫が暮らす。中には排せつ障害に苦しむ猫も。飼い主と親交のあった住民らが命をつないできた=鎌倉市内で

 県と鎌倉市は28日、同市で飼い主が死亡して取り残された猫20匹を一時的に預かる里親を探す会「猫たちに暖かいお家を!」を緊急開催する。飼い主の死後、猫を世話してきた近隣住民などの要望に応えた。増えすぎた犬猫を飼い主が管理できなくなる「多頭飼育崩壊」が次々と表面化する中、県と市が初めての会開催を決めた。【堀和彦】

 猫が取り残された家は、ドアを開けると鼻を刺すような臭いが漂う。飼い主が去った後も、猫たちは15畳ほ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです