メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津市

テレワーク、来月試行 納税など5職員 5月本格導入へ /滋賀

 草津市の橋川渉市長は25日の定例記者会見で、IT(情報技術)を使って職員が自宅で勤務する「テレワーク」を来月から試行すると発表した。5月から本格導入する方針で、本格導入されれば県内の市町では初となる。【衛藤達生】

 テレワークは、育児や介護などのため職場で勤務しにくい人でも自宅で仕事ができるようになる。同市の試行では、男女共同参画、納税、広報などの担当の男女計5人が対象。5人は小学生以下の子供がいたり、介護をしたりしている。

 いずれも週2日までを上限に、市が貸し出すノートパソコンを自宅で使用、職場にあるパソコンを遠隔操作し…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文567文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです