メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麒麟のまち観光局

麒麟獅子舞で誘客 鳥取市、東部の町など連携し設立 日本遺産認定目指す /鳥取

宇倍神社の例大祭で奉納される麒麟獅子舞=鳥取市で、小野まなみ撮影

 県東部や兵庫県北西部の自治体や企業でつくる地域連携DMO「麒麟(きりん)のまち観光局」が25日、鳥取市に設立された。各地に伝わる伝統芸能「麒麟獅子舞」をはじめ、文化が似た圏域で一体となって観光誘客に取り組む。加盟する同市など1市6町は麒麟獅子舞を中心としたストーリーで文化庁の日本遺産の認定を目指しており、関係者は「地域が連携することで機運が高まればいい」と話している。

 鳥取市▽岩美町▽若桜町▽智頭町▽八頭町や観光協会などでつくる「鳥取・因幡観光ネットワーク協議会」に…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです