メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原田古墳群

県内最大級の地下式横穴墓 ほぼ完全な短甲出土 志布志 /鹿児島

 志布志市教委は、同市有明町の原田古墳群で、古墳時代中期末(5世紀末)のものとみられる、県内最大級の地下式横穴墓が見つかったと発表した。ヤマト政権が配布したとされるよろい「短甲(たんこう)」なども出土したことから、軍事などの面でヤマト政権と直接つながっていた、地方の有力者の墓とみられる。専門家は「大隅半島と中央政権との結びつきがうかがえる」としている。【新開良一】

 市教委や鹿児島大総合研究博物館の橋本達也教授によると、地下式横穴墓は九州南部特有の埋葬墓。短甲は鉄製で高さと幅が45センチほど。遺体を納める「玄室(げんしつ)」と呼ばれる、地下の空間に置かれた石棺(軽石製)の脇に立てた状態で見つかった。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです