メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

自衛隊に巡航ミサイル

 政府は航空自衛隊の戦闘機に搭載する長射程巡航ミサイルを導入する方針を決め、2018年度予算案に関連経費約22億円を計上した。導入予定の巡航ミサイルは日本から北朝鮮に届く性能を持ち、敵基地攻撃に転用が可能とされる。日本の防衛政策の基本である「専守防衛」との整合性は取れるのか。防衛力はどう整備すべきか。

この記事は有料記事です。

残り4394文字(全文4545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです