メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る TPP離脱は誤り 台湾・政治大学名誉教授 丁樹範氏

丁樹範(ていじゅはん)氏

 トランプ氏は大統領就任前の2016年12月、台湾の蔡英文総統と電話協議した。私は、中国に揺さぶりをかけるため台湾をカードに使ったとみている。中国を過度に刺激することを避けたい台湾は戸惑った。この1年、トランプ氏のこうした予測不可能性は台湾に不安を与えてきた。だが長らく空席だった米国務省や国防総省の東アジア・太平洋担当次官補がようやく決まり、少しずつ安心感が出てきている。

 トランプ氏の重大な誤りは、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を離脱したことだ。中国が現代版シル…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです