メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

40年前からの伝言=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日面白い本を手にした。「土屋耕一がつくったキャッチフレーズ一〇〇」という本だ。コピーライターの土屋耕一氏がつくった広告コピーをまとめており、その多くは1970年代のものである。土屋氏のコピーに加え、それがいつどこの企業からどういうテーマで受けた仕事だったかの解説もあり、興味深い。読み進めていくと現代の旬な課題だと思われているものが、実は40年前から言われていることに気づくことが多々ある。

 例えば「なぜ年齢を聞くの」というコピーが紹介される。75年の伊勢丹のコピーだ。事前に伊勢丹から出されていた方向性は「中年のヤング化」だったという。年の取り方が変化し、近年では「アクティブシニア」という言葉も広がるが、この傾向はこの時にはもう始まっていたようだ。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです