メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

許されますか 茨城県土浦市・矢口秀子(主婦・76歳)

 15年ほど前、スーパーに行く息子に「納豆と卵を買ってきて。日付の新しい、奥のほうの商品お願いね」と頼んだ。

 帰ってきた息子は「賞味期限は切れてないから前から順番に取ったよ」という。

 「廃棄される食品を『もったいない』と嘆いてたよね。新しい商品を買っていたら、古い商品が売れ残ってごみになる。モラルのない人間がすること」と言われ、賢い消費者と自負してきたことを反省した。それからは賞味期限が2~3日迫っていても買うようにした。

 だが70歳を過ぎた頃から体力が衰え、食料も2~3日分まとめて買うようになり、モラルを返上している。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです