米国

トランプ氏、TPP復帰可能性を示唆 中国に圧力か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領発言のポイント
トランプ米大統領発言のポイント

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は25日、米CNBCテレビの番組で、自ら離脱を決めた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「従来よりずっと良い協定になるならば、TPPをやるだろう」と述べ、復帰する可能性に初めて言及した。トランプ政権は通商政策で中国への強硬姿勢を強めており、中国に圧力をかける狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開かれているスイス東部ダボスでインタビューに応じた。TPPについて「ひどい協定だった」と述べたうえで、「相当に良くなるなら、TPP(復帰)にオープンだ」と語った。一方で「問題があれば破棄できる2国間協定の方が好きだ」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文821文字)

あわせて読みたい

注目の特集