草津白根山噴火

陸自と群馬県、死亡の陸曹長の氏名公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=本社ヘリから
噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=本社ヘリから

「遺族の同意が得られた」理由に

 陸上自衛隊は25日、死亡した隊員が第12ヘリコプター隊(群馬県榛東村)の伊沢隆行さんだったと正式に発表した。ただ、経歴や死亡当時の詳しい状況は「遺族の了解を得られていない」として明かさず、他の隊員の詳しい負傷状況なども「個人情報に当たる」と公表を拒んでいる。

 陸自は発生当日の23日夜、伊沢さんについて報道陣に口頭で「49歳の陸曹長」と明らかにしたが、氏名は「遺族の了解を得ないと公表できない」と説明。24日夜に報道各社が名前を報じた後も姿勢を変えず、25日午後になって「遺族の了解を得られた」として氏名のみを公表した。経歴などは「遺族が名前のみの公表でお願いしますと話している」として明かしていない。

 陸自によると、過去10年で公務中の死亡事故は25件発生したが、犠牲者の氏名公表は3件のみ。「遺族の同意を得た上で、捜査等に支障がない場合は、氏名を公表する」という内規を設けている。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集