メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天王寺動物園

アジアゾウ「ラニー博子」死ぬ 推定48歳

プレゼントされたスイカを食べるアジア象のラニー博子=大阪市天王寺区の天王寺動物園で2015年9月、宮武祐希撮影

 大阪市天王寺区の天王寺動物園で飼育されていたアジアゾウ「ラニー博子」(雌、推定48歳)が25日、死んだ。国内のアジアゾウで4番目の高齢だった。1970年の大阪万博を記念してインド政府から贈られて以来、半世紀近くにわたり市民らの人気を集め続けた。26日から園内に献花台を設ける。

 天王寺動物園などによると、園が名前を公募したところ、万博にちなんだ「博子」が多く、姫や女王を意味するヒンディー語を加えて「ラニー博子」と名付けられたという。

 昨年夏ごろから両前足の化膿(かのう)が悪化し、歩くことが難しくなっていた。薬を塗っても鼻でぬぐって…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです