メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
天王寺動物園

アジアゾウ「ラニー博子」死ぬ 推定48歳

プレゼントされたスイカを食べるアジア象のラニー博子=大阪市天王寺区の天王寺動物園で2015年9月、宮武祐希撮影

 大阪市天王寺区の天王寺動物園で飼育されていたアジアゾウ「ラニー博子」(雌、推定48歳)が25日、死んだ。国内のアジアゾウで4番目の高齢だった。1970年の大阪万博を記念してインド政府から贈られて以来、半世紀近くにわたり市民らの人気を集め続けた。26日から園内に献花台を設ける。

 天王寺動物園などによると、園が名前を公募したところ、万博にちなんだ「博子」が多く、姫や女王を意味するヒンディー語を加えて「ラニー博子」と名付けられたという。

 昨年夏ごろから両前足の化膿(かのう)が悪化し、歩くことが難しくなっていた。薬を塗っても鼻でぬぐって…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文800文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです