漂着船

北朝鮮乗組員が結核 「対応指針ない」地元困惑

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道松前町の海岸に漂着した外国船籍とみられる木造船=道警提供
北海道松前町の海岸に漂着した外国船籍とみられる木造船=道警提供

 北海道松前町の無人島・松前小島に漂着した北朝鮮木造船の乗組員1人の結核感染が確認された問題で、船が漂着した松前町や道では「今後同様のケースが起きた場合の対応について、国の指針がない」として困惑が広がっている。

 道は昨年12月、国に漂着者の救助時などの感染症対策や木造船・遺体などへの対応方法について指針で早急に示すよう求めたが、これまでに回答はないという…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集