メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日野部屋傷害事件

親方、隠蔽を否定 協会に直後報告

春日野親方=竹内紀臣撮影

 大相撲春日野部屋の傷害事件で、被害者の矢作(やはぎ)嵐さん(22)の師匠だった春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が25日、東京・両国国技館で取材に応じた。春日野親方は2014年9月の事件発生後に「当時の(日本相撲協会の)北の湖理事長(元横綱、故人)に経緯を説明し、謝罪もした。警察の捜査にも全面的に協力した。隠し立てはしていない」と自身の隠蔽(いんぺい)を否定した。

 暴行を加えた兄弟子の元力士(24)への有罪判決が確定した16年6月に公表しなかった理由について、協会事務局は「引退からかなり時間がたっていた。個人情報保護の観点からも必要はないと考えた」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです