メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日野部屋傷害事件

親方、隠蔽を否定 協会に直後報告

春日野親方=竹内紀臣撮影

 大相撲春日野部屋の傷害事件で、被害者の矢作(やはぎ)嵐さん(22)の師匠だった春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が25日、東京・両国国技館で取材に応じた。春日野親方は2014年9月の事件発生後に「当時の(日本相撲協会の)北の湖理事長(元横綱、故人)に経緯を説明し、謝罪もした。警察の捜査にも全面的に協力した。隠し立てはしていない」と自身の隠蔽(いんぺい)を否定した。

 暴行を加えた兄弟子の元力士(24)への有罪判決が確定した16年6月に公表しなかった理由について、協…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  4. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです