メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

「いずみホール」スタッフの森岡めぐみさんとのトーク拡大版

バルコニーに立つ桂南光さん(左)といずみホールの森岡めぐみさん。どの席でもいい音が聴けるよう、バルコニーは1階客席にかぶらないよう設計された=大阪市中央区で、菅知美撮影

 数ある大阪の音楽ホールの中で、「いずみホール」(大阪市中央区)が特にお気に入りだという桂南光さん。1990年の開館時からのスタッフで、ホールを知り尽くす森岡めぐみさんに話を聴き、長く大阪で愛されてきたホールの魅力に迫りました。

【中途半端? ちょうどいい?】

桂南光 いずみホールの素晴らしいところはたくさんあるけれど、僕が一番好きなのは、ここのサイズなんですよ。席数はどのぐらいですか。

森岡めぐみ 821です。オーケストラやオペラまでやっちゃうけれども、ピアノのリサイタルもできる。今と…

この記事は有料記事です。

残り3161文字(全文3404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです