メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

新宿 激変の63年 喧騒とぬくもりと

都民の足、都電の数路線が新宿駅に集まっていた。靖国通りにある停留所で、水筒を肩に遠足のための貸し切り電車を待つ小学生たち=東京都新宿区で1955年、写真家の中谷吉隆さん撮影

 写真を学び写真の道を歩みたく、故郷広島から東京に来たのは1955(昭和30)年の春。大学に近い新宿区淀橋(現西新宿)の下宿屋の当時朝夕の賄い付き1畳月1000円の3畳間に暮らした。その後63年、なぜかこの近辺が生活の基盤となっている。住まいに近い新宿は銀座のような華やかさはないが、人のぬくもりや匂いと親しみを感じ、私を虜(とりこ)にしてしまったからだろう。

 老舗の百貨店が並ぶ新宿駅東口は商業地で、都電の停留所近くには映画館や遊技場、飲食店などがひしめく歓…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです