メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

聴覚障害者に高卒認定を 日本社会事業大が動画制作 手話・字幕で学び直し

高校卒業認定試験対策の過去問題を日本手話で解説する日本社会事業大学1年の小林美彩さん。撮影した動画はインターネットで無料公開する=東京都清瀬市で2018年1月11日、蒔田備憲撮影

 聴覚に障害があるために高校を中退したり、大学進学をあきらめたりした人たちが学び直せるように、日本社会事業大学(東京都清瀬市)は4月、「高校卒業認定試験対策プロジェクト」に乗り出す。動画を通じ「日本手話」と字幕で過去の試験問題を解説したり、個別の質問や相談に応じたりして高校卒業認定試験に合格できるようサポートする。同大によると、全国初の取り組みだという。

 同大は2009年、「聴覚障害者大学教育支援プロジェクト」を開始。聴覚に障害のある同大生の学生生活を…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文847文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです