メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

岩手県紫波町 藤原嘉藤治の家 賢治を世に出した友 /宮城

藤原嘉藤治の家の母屋(左)と旧牛舎。辺りは嘉藤治らが開拓した

 岩手県の中央部、紫波(しわ)町の西方にある東根山(あずまねさん)(標高928・4メートル)のふもとに、小さな民家がある。冬の時期は、将棋の駒のような形の赤い屋根が雪に映える。敷地には「宮沢賢治の親友 藤原嘉藤治(かとうじ)の家」と看板が立つが、その名にピンとくる人はまだ少ない。

 藤原嘉藤治(1896~1977年)は花巻高等女学校の音楽教員時代、宮沢賢治と出会う。以後、賢治が亡くなるまでの12年間、その才能をいち早く認め、良き理解者となった。死後は賢治を世に送り出すため、全集出版に尽力した人物だ。

 賢治と交遊のあった盛岡市出身の直木賞作家、森荘已池(そういち)(1907~99年)は著書「ふれあい…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです