千葉都市モノレール

市が延伸想定調査へ 来年度予算案に /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厳しい経営状況にある千葉都市モノレール(本社・千葉市稲毛区)について、約93%を出資する同市が来年度、延伸した場合に利用者増加や収支改善が見込めるかなどを調査することが市への取材でわかった。熊谷俊人市長が就任直後の2009年に県庁前駅から市立青葉病院前(約2キロ)まで延伸する計画を凍結して以来の調査。市議会2月定例会に提出する来年度当初予算案に必要経費を盛り込む。

 調査するのは、県庁前駅から市立青葉病院前▽穴川駅からJR稲毛海岸駅方面--まで延伸した場合。市交通政策課によると、県庁前駅~青葉病院前の間には、千葉大病院前などにも駅を設ける想定で、病院利用者の利便性向上が見込まれる。稲毛海岸駅方面への延伸ではJR稲毛駅も通るため、都内への通学・通勤が便利になると予想される。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集