特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

中央学院、初の甲子園 創部47年目、悲願実る(その1) /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり喜ぶ中央学院の選手たち=千葉県我孫子市の同校グラウンドで2018年1月26日午後3時26分、丸山博撮影 拡大
センバツ出場が決まり喜ぶ中央学院の選手たち=千葉県我孫子市の同校グラウンドで2018年1月26日午後3時26分、丸山博撮影
センバツ出場が決まり喜ぶ中央学院の選手たち=千葉県我孫子市の同校グラウンドで2018年1月26日午後3時26分、丸山博撮影 拡大
センバツ出場が決まり喜ぶ中央学院の選手たち=千葉県我孫子市の同校グラウンドで2018年1月26日午後3時26分、丸山博撮影

 <第90回センバツ>

 待ちわびた吉報に選手たちの笑顔がはじけた。26日に開かれた第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、特別協力・阪神甲子園球場)の出場校を決める選考委員会で、中央学院(我孫子市)の春夏通じて初の甲子園出場が決まった。県勢の出場は2015、16年の木更津総合、17年の東海大市原望洋に続き4年連続。昨秋の関東大会を制し、野球部創部47年目にして初めて大舞台への切符をつかんだ。センバツは3月16日に組み合わせ抽選会があり、同23日に開幕する。【富美月、秋丸生帆、信田真由美】

春の便りに歓喜

 午後3時すぎ、報道陣約50人がつめかけた中会議室。「これほど待ち遠しい電話はないね」。藤森庸一校長が緊張した面持ちで日本高野連からの出場決定の連絡を待っていた。約10分後、外線のランプが光った。リリリリリ。「ありがとうございます。お受けいたします」と応じて受話器を置くと室内は拍手に包まれ、学校内では出場決定を伝える毎日新聞発行の特別号外が配られた。受け取った山科力輝さん(2年)は「教室がすごく湧いた。全国制覇してほしい」とエールを送った。

 グラウンドでは選手や相馬幸樹監督、コーチ陣が吉報を待ちわびていた。まもなく姿を見せた藤森校長が出場決定を報告すると、相馬監督はほっとした笑顔で関係者と握手。選手たちは池田翔主将(2年)のかけ声で「ありがとうございました」とあいさつし、その後は帽子を投げたり記念撮影をしたりして喜びをかみしめた。マネジャーの葛生優香さん(2年)は「ずっと夢だった舞台。声を出して選手をサポートしたい」と笑顔を見せた。野球部父母会長で高岡颯選手(2年)の父義之さん(47)は「感動している。気を引き締めて日々精進してほしい」と話した。

 午後4時すぎからは大会議室で記者会見があり、梅沢英一部長は「創部から半世紀近くたっての初出場。大変身が引き締まる思いです」と喜び、相馬監督は「就任から10年。さまざま出来事を思い出して、とても感激しています。甲子園では中央学院らしいプレーを見せていきたい」と力を込めた。池田主将は「学校、千葉、そして関東の代表として精いっぱい頑張りたい」と誓った。体育館では野球部員全員が肩を組んで校歌を大合唱し、センバツに向けて気持ちを新たにしていた。


日本橋簡易商業夜学校前身 剣道や書道も全国レベル

 1900年、東京・日本橋に開校した日本橋簡易商業夜学校が前身。創立者は社会改良運動の機関誌「反省会雑誌」(現中央公論)主宰の高楠順次郎。学校法人中央学院は51年に設立され、我孫子市には66年に中央学院大学、70年に法人傘下二つ目の高校として中央学院高校が開校した。

 教育方針に、誠実で健康▽素直で明朗▽豊かな人間性と情操--を掲げ、S特進、進学、スポーツの3コースに1015人の生徒が在籍。部活動は計26あり、開校2年目に創部した野球部には52人が所属する。剣道やバドミントン、書道も全国レベル。OBにサッカーJ1柏レイソルの沢昌克選手(35)や、プロ野球の日本ハムや巨人で活躍した古城茂幸さん(42)らがいる。

関連記事

あわせて読みたい