メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

職員定数222人増 五輪準備へ「計画推進部」新設 /東京

 都は2年半後に迫った東京五輪・パラリンピックの開催準備に対応するため、2018年度の都職員(知事部局、公営企業)の定数を222人増やす。増員は4年連続。学校職員の定員は213人増、東京消防庁の職員定数も94人増とする。増減がない警視庁の職員数を含め、職員定数は16万8106人となる。

 4月1日付の組織改編では、東京大会の準備加速…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです