メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度当初予算案 一般会計7兆460億円 五輪費用を本格計上 前年度比1.3%増加 /東京

記者会見で2018年度都予算案を説明する小池百合子知事=都庁で

 都が26日に発表した2018年度当初予算案は、一般会計7兆460億円、特別会計と公営企業会計を合わせた総額は14兆4440億円になった。一般会計は、20年東京五輪・パラリンピックの開催準備費用を本格的に計上したことなどを受け前年度比1・3%増となり、2年ぶりに増加。小池百合子知事が編成した2回目の予算案は、都民提案や都職員提案を盛り込むなど、新機軸もみられた。【芳賀竜也、柳澤一男、円谷美晶】

 「より一層、無駄の排除を徹底した。前回以上にメリハリがついた予算(案)に仕上げることができたと自負している」

この記事は有料記事です。

残り2326文字(全文2579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです