メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目

18年度当初予算案 一般会計7兆460億円 五輪費用を本格計上 前年度比1.3%増加 /東京

記者会見で2018年度都予算案を説明する小池百合子知事=都庁で

 都が26日に発表した2018年度当初予算案は、一般会計7兆460億円、特別会計と公営企業会計を合わせた総額は14兆4440億円になった。一般会計は、20年東京五輪・パラリンピックの開催準備費用を本格的に計上したことなどを受け前年度比1・3%増となり、2年ぶりに増加。小池百合子知事が編成した2回目の予算案は、都民提案や都職員提案を盛り込むなど、新機軸もみられた。【芳賀竜也、柳澤一男、円谷美晶】

 「より一層、無駄の排除を徹底した。前回以上にメリハリがついた予算(案)に仕上げることができたと自負している」

この記事は有料記事です。

残り2326文字(全文2579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです