特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

春 航空石川 初 夏のリベンジを誓う /石川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、喜ぶ日本航空石川の選手たち=石川県輪島市で2018年1月26日、山崎一輝撮影
センバツ出場が決まり、喜ぶ日本航空石川の選手たち=石川県輪島市で2018年1月26日、山崎一輝撮影

 <センバツ2018>

 日本航空石川の校長室では、午後3時23分ごろに電話が鳴った。緊張した面持ちで受話器を取った小林学校長は「ありがたくお受けします」と応じ、雪が舞う中、朗報を待ち受ける部員たちのもとへ車で向かった。

 室内練習場で待機していた部員たちに、小林校長は「君たちが代表校に選ばれました。おめでとう、ありがとう。学校や北信越の代表として目いっぱいプライドを持って戦って」と報告。約80人の部員たちは「よっしゃ」と歓声を上げ、手をたたき、固い握手を交わした。その後も、写真撮影をする報道陣の求めに応じて雪深い屋外でジャンプしたり、帽子を投げたりと、センバツ初出場の喜びを体いっぱいで表していた。

 長谷川拳伸選手(2年)は「昨夏の甲子園では雰囲気に圧倒され、思うような試合ができなかった。センバツでは夏のリベンジをしたい」と誓った。杉本壮志投手(2年)は「発表が近づくにつれ、出場への期待が大きくなり、ドキドキしていた。ここから気を引き締め、甲子園では強気の投球をして、みんなを引っ張りたい」と春の大舞台に向けて目を輝かせた。

 この日は、中村隆監督と部員5~6人がインフルエンザのため、発表に立ち会うことができなかった。石川明夫部長は「うれしさとほっとした気持ちの両方がある。選手たちは日本一を目標に日々練習している。初出場らしい、はつらつとしたプレーで一つでも上を目指したい」と語った。【道岡美波、久木田照子】

 ◆学校紹介

OBにロッテ角中 航空石川

 能登空港開港に合わせ、2003年に日本航空第二として創立された私立校。09年から現校名。山梨県の日本航空高校は兄弟校にあたる。国内で唯一、空港に隣接するキャンパスを有し、学科は航空科のみ。パイロットや航空整備士、キャビンアテンダントなどを目指す専攻がある。昨年4月現在の生徒数は710人。

 野球部は学校創立と同じ03年創部で、2年生32人、1年生52人の計84人。OBにロッテの角中勝也選手らがいる。また、ラグビー部も強豪で、第97回全国高校ラグビーフットボール大会では県勢初の8強入りを果たした。著名な卒業生に俳優の町田啓太さんなど。

 輪島市三井町洲衛9の27の7(0768・26・2255)。

関連記事

あわせて読みたい