メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表彰

ダイバーら4人、人命救助で 下田海保 /静岡

犬藤部長(右端)から表彰される(右から2人目から左へ)加藤さん、一政さん、東さん=伊東市湯川の下田海上保安部伊東事務室で

 下田海上保安部は26日、心肺停止状態の人の命を救った、ダイビングインストラクターら4人を表彰した。

 4人は、インストラクターの加藤強(つよし)さん(49)=伊東市富戸▽一政(いちまさ)直美さん(49)=同▽小林健治さん(48)=東京都千代田区=と、臨床工学技士の東侑佐(ひがしゆうすけ)さん(24)=富士宮市浅間町。

 同部によると、伊東市富戸の伊豆海洋公園前の海で昨年12月17日昼、都内在住の女性(48)がダイビング中におぼれ、意識喪失・心肺停止状態で海から引き上げられてきた。それぞれ別に来て指導中だったインストラクター3人と、ダイビングに来て休憩中だった東さんが心臓マッサージとAED(自動体外式除細動器)で心肺蘇生を施し、4分で呼吸が再開。意識も戻り、救急隊に引き継いだ。女性は1週間後に後遺症なく退院した。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです