特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

東邦に春の便り 選手ら笑顔満開(その2止) /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回センバツ>

校内に懸垂幕

 佐々木泰裕校長から出場決定が部員に知らされると、校内には「センバツ出場 東邦高等学校」と書かれた懸垂幕(長さ8・1メートル、幅90センチ)がさっそく掛けられ、学校関係者や選手の保護者、生徒らから拍手が湧いた。バトントワリング部も甲子園へ応援に駆け付けるといい、キャプテンの天野ななみさん(2年)は「出場が決まってうれしい。来月後半から本番に向けた振り付けの練習が始まるので、私たちも頑張りたい」と笑顔で話した。

号外1000部を配布

 東邦のセンバツ出場決定を受け、毎日新聞社は26日、出場を報じる号外1000部を同校で配布し、保護者や生徒らが次々と手に取っていた。

 稲留克哉主将(2年)の父、忠和(ただまさ)さん(49)は、号外を手に「感無量です」と喜び、「チームはこれまで良い成績で来ているので、そのままの調子で本番を迎え、結果につなげてほしい」と期待する。稲留主将は現在ケガの治療に励んでいるといい、「できることは全力でサポートしていきたい」と回復を願っていた。

東邦「真面目」を校訓に OBに藤嶋健人選手、奥田瑛二さん

 1923年、東邦商業学校として開校した私立校。下出義雄・初代理事長が、渡欧の経験からイギリスのボーイスカウト運動に基づいた「東邦健児団」を結成。37年には名古屋市内に野球場を建設するなど、戦前から運動系の部活が盛んだった。

 48年、新学制により現校名に変更。精進するものこそ栄光があるという意味の「真面目」を校訓に掲げる。

 85年に男女共学化した。2015年に商業科が募集を停止し、現在は普通科と美術科がある。

 野球部は1930年創部。甲子園では夏は77年に準優勝、春は34年に初出場初優勝を飾り、39年、41年、89年にも優勝している。現在の部員は59人。OBに藤嶋健人(中日)、俳優の奥田瑛二さんら。

次に読みたい

あわせて読みたい