特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

3校、歓喜の勢ぞろい 彦根東・近江・膳所に春 近江「気引き締め」 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出場が決まり帽子を投げ上げて喜ぶ近江の選手たち=彦根市松原町の同校で、小西雄介撮影
出場が決まり帽子を投げ上げて喜ぶ近江の選手たち=彦根市松原町の同校で、小西雄介撮影

 <センバツ2018>

 センバツに県内史上初の3校が出場--。第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が26日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、近江、彦根東、膳所の出場が決まった。近江は3年ぶり5回目、彦根東は9年ぶり4回目、膳所は59年ぶり4回目となる。近江は昨秋の県大会優勝や近畿大会4強、彦根東は近畿大会8強などの実績で選ばれた。21世紀枠の膳所は限られた時間での練習や試合の効率性を高めるため、女子生徒も参加してデータ解析をするなどの取り組みが評価された。組み合わせ抽選会は3月16日にあり、同23日に阪神甲子園球場で開幕する。

近江のセンバツ出場の連絡を受け、笑顔で快諾する近江の松村良樹校長=滋賀県彦根市松原町の同校で、小西雄介撮影 拡大
近江のセンバツ出場の連絡を受け、笑顔で快諾する近江の松村良樹校長=滋賀県彦根市松原町の同校で、小西雄介撮影

 近江に春の知らせが届いたのは午後3時27分。校長室で松村良樹校長が選考委からの電話を受け、「喜んでお受けします」と出場を快諾。授業が終わり玄関前のホールに集まった選手たちも校長から出場決定を伝えられ、真剣なまなざしで聞いていた。

 その後、多賀章仁監督(58)が「甲子園出場は名誉なことなので、誇りを持って戦ってほしい」と伝えると、一同が「はい」と元気よく応えた。

 武田弘和コーチ(36)は「選手たちの努力が認められてよかった。彦根東と甲子園でもまた戦えたらいい。今日は喜んで、明日からまた気を引き締めて練習したい」と意気込んだ。

 一方、選手たちは雪合戦をしたり、校内で配られた毎日新聞の特別号外に見入ったりして喜びを爆発させた。金城登耶投手(2年)は「3歳の時に甲子園でプロ野球を見て以来、出場は夢だった。初の優勝を果たしたい」、中尾雄斗主将(2年)は「センバツに向けていい準備ができている。甲子園は好投手が多いが、どのチームと当たっても打ち勝っていきたい」と話した。

 保護者会長で北村恵吾選手(2年)の父哲也さん(49)は「出場が決まり、やっとスタートラインに立てた思い。甲子園まで選手たちを全力でサポートしていきたい」と話した。【小西雄介、若本和夫、西村浩一】

集中力、終盤切れず

 昨秋の県大会では3回戦で、2年連続でセンバツに出場していた滋賀学園に逆転勝ち。決勝では10安打を放ち快勝した。近畿大会では準々決勝で彦根東と対戦。住谷湧也選手(1年)がレフトからの好返球で2人連続の本塁補殺をするなどして競り勝った。準決勝では大阪桐蔭に敗れたが、先発の林優樹投手(1年)は4回で被安打3、自責点0と好投し、多賀章仁監督も「甲子園でも通用する」と評価した。

 軟投派の林投手、速球派の金城登耶投手(2年)の左腕2人を中心にリレーで勝ち上がってきた。横手投げの松岡裕樹投手(2年)、最速145キロの佐合大輔投手(2年)の両右腕も控え層が厚い。

 攻撃の中心は、2年前の夏の甲子園でも4番を務めた北村恵吾選手(2年)、近畿大会の彦根東戦で本塁打を放った山田竜明選手(2年)、昨夏もレギュラーとして出場した家田陸翔選手(2年)の強力なクリーンアップ。北村選手と家田選手が6打点、山田選手が5打点。打率3割7分9厘の瀬川将季選手(2年)、5割の住谷選手の1、2番コンビが好機を作り、中軸が還す。

 中尾雄斗主将(2年)は「チームの強みは試合終盤まで切れない集中力。1点を守り抜く野球をしたい」と話す。


 ◆近江・予想メンバーと個人成績◆

 監督・多賀章仁 部長・伊東洋

打順 守備位置 氏名  学年  出身中学 身長  体重 試合数 打数 安打 打点 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 打率

 8  投手 △金城登耶  2 栗東西  171 66   6  7  1  0   0  2   1  0  2 .143

 7  捕手  有馬諒   1 平城   181 77   8 26  4  4   0  4   2  0  0 .154

 4  一塁  北村恵吾  2 大垣北  183 85   8 22  9  6   0  5   8  0  0 .409

 3  二塁 ▽家田陸翔  2 城山   174 65   8 24  7  6   0  5  10  3  0 .292

 5  三塁  山田竜明  2 瀬田北  175 77   8 19  7  5   1  6   0  1  0 .368

 6 ◎遊撃 ▽中尾雄斗  2 大泉   172 61   7 16  6  2   0  4   5  1  3 .375

 2  左翼 △住谷湧也  1 栗東西  169 65   8 24 12  3   0  5   1  2  1 .522

 1  中堅 ▽瀬川将季  2 松原第三 172 68   8 29 11  4   0  7   5  0  0 .379

 9  右翼 ▽宮田朋弥  2 八条   172 63   8 13  4  1   0  2   5  0  1 .308

  補    △林優樹   1 向島   168 58   7 10  2  3   0  4   3  0  0 .200

        見市智哉  1 城山   169 66   8  9  3  3   0  2   0  0  1 .333

        高島恵人  2 旭    179 66   5  2  0  0   0  0   0  1  0 .000

       ▽原田稜也  2 彦根南  171 65   4 10  1  1   0  1   1  0  0 .100

       △金田大聖  2 甲良   182 82   4  9  3  1   0  1   1  0  0 .333

       ▽川村奎太郎 2 安土   170 72   3  2  0  0   0  0   1  0  0 .000

       ▽松岡裕樹  2 志賀   177 66   1  0  0  0   0  0   0  0  0    -

        茨木寿弥  2 維孝館  178 65   1  0  0  0   0  0   0  0  0    -

        上野由剛  2 伏見   168 69   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

        中澤俊介  2 甲西   178 81   1  2  0  0   0  0   0  0  0 .000

       ▽佐合大輔  2 東陽   182 71   1  0  0  0   0  0   0  0  0    -

 (◎は主将、▽は右投左打、△は左投左打)

 ※数字はチームが主催者に提出した資料による。

次に読みたい

あわせて読みたい