特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

大阪桐蔭、誓う春 攻守隙なし、粘りあり(その1) /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、拳を固めて喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=大阪府大東市で2018年1月26日、三村政司撮影
センバツ出場が決まり、拳を固めて喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=大阪府大東市で2018年1月26日、三村政司撮影

 <センバツ2018>

 26日にあった第90回記念選抜高校野球大会の選考委員会で、府内からは、大阪桐蔭(大東市)が選ばれた。昨秋の府大会と近畿大会を制し、4年連続10回目のセンバツ出場となる。昨夏の甲子園を経験した選手も多く、大舞台の重圧に負けない精神力の強いメンバーがそろうチームは史上3校目の春連覇を狙う。春の便りに部員らは、グラウンドで思いっきりジャンプしたり、空に向かって帽子を投げたりして喜び合った。センバツは3月16日に組み合わせ抽選会があり、23日に開幕する。【加藤佑輔】

「春連覇」意気込む選手

 午後3時半ごろ、大阪桐蔭の校長室の電話が鳴った。小野研一校長は緊張した表情で受話器を取り、「ありがとうございます。謹んでお受けします」と答え、ほっとした表情を浮かべた。

大阪桐蔭の小野研一校長からセンバツに選出されたことを伝えられる選手たち=大阪府大東市で、三村政司撮影 拡大
大阪桐蔭の小野研一校長からセンバツに選出されたことを伝えられる選手たち=大阪府大東市で、三村政司撮影

 グラウンドに整列した部員らを前に、小野校長は「春連覇を期待されているが、プレッシャーに負けず、最高のプレーを見せてほしい」と激励した。集まった保護者らは、跳びはねて喜ぶ選手らをスマートフォンで撮影していた。

 昨夏の甲子園では、史上初の2度目の春夏連覇を目指したが3回戦で敗退。昨夏に先頭打者だった藤原恭大選手(2年)は「甲子園では思うような結果を残せなかった。センバツはとにかく結果にこだわり、優勝旗を持ち帰りたい」と話した。

 昨年から投手と内野手をこなす根尾昂選手(同)は「前回のセンバツで優勝できたのは、上級生の力が大きかった。自分たちの弱さを自覚した上で攻守ともに修正し、春連覇を目指したい」と気を引き締めた。

 昨夏にマウンドを踏んだ柿木蓮投手(同)は「新チームで堂々とプレーできなければ、夏に出してもらった意味がない。センバツでは、良い意味で自信を持って投げたい」と意気込みを語った。

センバツ出場決定を伝える毎日新聞号外を見る大阪桐蔭の選手たち=大阪府大東市で、三村政司撮影 拡大
センバツ出場決定を伝える毎日新聞号外を見る大阪桐蔭の選手たち=大阪府大東市で、三村政司撮影

本紙号外に感激ひとしお

 センバツ出場決定の吉報を受け、同校では「大阪桐蔭 桜咲く」という見出しの毎日新聞号外が配られた。号外では、チームの対戦成績や予想メンバーと個人成績、練習に臨む選手の写真などが掲載された。号外を受け取った生徒や保護者は熱心に記事に目を走らせ、「おめでとう」「よくやった」などと祝福の声を上げた。

関連記事

あわせて読みたい